スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
矛と、盾。
2008/01/30(Wed)
※この記事は、結論がない記事です。
長い割に、何も伝わらないわからないだと思われます。

人間の……いや、一般的なことかはわからないから、自分の、と表現するか。

自分の心は、矛盾で満ちている。

大好きなものを、嫌いになる。その時持っている感情は、とてつもなく大きい。
いつだって嫌いなものに面している時よりも、数段どす黒いものが渦巻いている。
なんでだろう。

あ?書いててわかった。
好きも嫌いも、絶対値に直せばいいわけか。
なんていうのかな。好きポイントが10なら、嫌いになった時に感じる嫌いポイントも10。
だけれど、好きポイントが100000のものなら、嫌いになったら、ポイントは100000になるわけだ。
じゃ、大嫌いなものは、好きになるのかな?好きになったときには、手放せないほど好きになっているのかな。それは、体験したことないからわからない。

よくわからんけど、そのことを、世の誰かさんは「好きの反対は、嫌いではなく、無関心」と表現したわけな気がする。

ん、今解決した(いや、実生活には応用できてない、できるかもわからないけど、てか、また同じことで悩みそう。。)ように、心探検をすると、何かに気づく。
自分は、ブログに
追追記。
人は迷いつつで、いい気がしてきた。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<南南東 | メイン | 19歳になりました!>>
コメント
-  -
>もう1つのことをやっている時には、「中途半端だ!」って感じるわけなんだろう。
逆。板挟みに悩みながらも なんとか両方に折り合いをつけようとしてがんばってるのが、見ててすごくわかる。
負担になってるのがわかるから、そのことで心苦しくも思う。

じぶんの場合。
2008/01/30 16:37  | URL | やみ #32hLSS.6[ 編集] ▲ top
-  -
そういう見方も、あるんね。
なんだろ。好意をもっているか、嫌悪感をもっているか。
自分の状況。

そんなんに揺られて、見方って変わるんよね。


あらら、なんだか関連なさげなコメントになった。。すみません。。

ありがとう。
2008/02/02 20:55  | URL | うぉ #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://uotaning0boist.blog98.fc2.com/tb.php/219-60c2d363

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。